Top > 便秘 > 赤ちゃんの便秘解消は果物で

赤ちゃんの便秘解消は果物で

果物に含まれる果糖は便をゆるめにする効果がありますので、赤ちゃんの便秘解消に役に立ちます。 

 

果糖はすごく浸透圧が高くて、それ故に赤ん坊の身体内で腸壁の水気を腸内に引っ張ります。 結果として、うんちが水気をふくんで柔らかくなりますし、それらの水分の移行で腸が触発されて便意に結びつきます。 

 

さらには果物は果汁にしろ水に溶け易い食物繊維と言われる水溶性食物繊維がいっぱいに含有されています。

 

食物繊維は便のもとになるのですから乳児のうんちのボリュームが増すことで出やすくなっていくのです。 

 

浸透圧の大きい果物になればなるほど実効性のあると言えますが、ぶどう、プルーン、パイナップル、りんご、オレンジ、グレープフルーツの順で浸透圧が優れているようです。

 

けれども、りんごについては便を固めさせる成分まで含有されていますから、状況によっては逆に便秘に結び付くこともあると考えられます。

 

食物繊維の潤沢な果物としては柿やみかんやキウィフルーツなどが存在します。 

 

果物の多くは離乳食の最初のうちから与えることが可能になります。 果汁を白湯で2~3倍に薄めて与えたり、十分にすりつぶしておかゆやヨーグルトにブレンドして与える事が可能です。

 

けれども、生の状態の果汁や果肉を早い内から多量に取り入れるとアレルギーの要因となることも考えられます。 更には飲みすぎて下痢となることだってあるといわれています。

 

赤ちゃんにとっては甘くて美味しいせいでたっぷり飲みたがることもありますが、便秘ぎみだからといって与えすぎに発展しないように気を付けましょう。 赤ちゃんとオリゴ糖液体の相性は?

便秘

関連エントリー
赤ちゃんの便秘解消は果物で